スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ▲TOPに戻る

「かも」しれない運転は? 

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090612/tnr0906121116006-n1.htm
惨事回避した江口洋介 「高い運転技術」と捜査関係者も感心 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
ガソリンスタンドで給油後、山手通りを新宿方面に左折しようとした際、男性会社員(36)の運転する自転車が五反田方面から勢いよく走ってきた。
 急ブレーキをかけた江口は、とっさの判断で自ら左側に転倒し、衝突を回避。
自転車の速度は関係ないと思うんですが?無灯火or信号無視なら多少は分かるんですが記述されていないところを見ると・・・
ただ、単純にGSから車道合流の際の安全確認を怠り、自転車を見落としていただけなのに、「衝突を回避」?ヒーロー気取りですか?会社員の男性が無事で良かったです。
最近は一時停止無視・ウインカーはハンドル操作と一緒のヤカラが多いです。

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200906120008.html
asahi.com(朝日新聞社):江口洋介バイク事故で骨折、全治2カ月
所轄の警視庁代々木署は状況を説明しながら江口の危機管理に感心した。「白バイ隊の署員でも『1100ccバイクで、とっさの自転車は避けられない』と驚いています。接触事故を避けて、自ら左に転倒したのは、優れた反射神経と運転技術に加え、運転に集中していた証拠。

「ガソリンスタンド→歩道」「歩道→車道」と一時停止無視・左右安全確認・徐行の道交法違反を犯して、右から来た車道左走行の自転車を見落としての、急ブレーキ・立ちコケ自損事故なのに「危機管理?」「とっさの自転車」開いた口がふさがらないとはこのことです。
GSから車道合流までは何Mで速度はどれくらい出していたんでしょうか?徐行にて走行していればブレーキで確実に停車できるものを転倒して全治2ヶ月の怪我をするなんて。状況がどうであったか大体想像できます。

警視庁代々木署管轄で自転車に乗車されている方はお気をつけて。

<概略図AA>
工事中
────────────
  ←第2車線
------------------------
  ←第1車線
---×----------←自転車
 | ↑江口     / ̄ ̄
 ──────/ 工事中
  GS



大きな地図で見る


スポンサーサイト
[ 2009/06/14 23:45 ] diary | TB(0) | CM(0) | ▲TOPに戻る






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。