スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ▲TOPに戻る

2009 シーズン折り返し 

7月に入り2009年も半分過ぎ去りました。F1も来週末のドイツが終わればシーズンの半分を消化した事になります。今年のブラウンのように来年に向けての開発がメインになるチームもあるでしょうが、来年はどうなってしまうんでしょうか・・・

まだ、9戦ありますが実質ブラウンかレッドブルのどちらかのドライバーがワールドチャンピオンになるでしょうが、こちらの記事によると、ハンガリーGPより「連続するコンパウンドを供給する予定である。」そうです。
タイヤに厳しいレッドブルにとっては追い風ですね。ベッテルの最年少ワールドチャンピオンも十分可能かも?

そのためにはマシンの信頼性も必要になるとおもうのですが
F1エンジンとシャシーのデータ: 2009年イギリスGP終了時 : F1通信
今シーズンは年間で使用できるエンジンが8基なのですが、ベッテルは今までの8戦で5基は使用済(そのうちの2基はトラブル有)であるのに対し、バトンは1基少ない4基しか使用しておらず3戦連続同一エンジンで優勝した事があります。
あと、2勝を挙げているにもかかわらず、0勝のバリチェロに対して2ポイントのリードを許しているというのが「速いけれどもろい」と感じてしまいます。

どちらにせよメダル制であったならば、現時点でワールドチャンピオンは9割9部9里バトンで決まっていたのですから。


■ 来年はどうなることか?
ヴァージン、ブラウンからマナーに乗り換え : F1通信
世界不況の影響か醜い政治闘争の影響か ドライバー&コンストラクターでトップを走るブラウンのマシンが未だスポンサーロゴが埋まらない白のマシン。

トヨタ、F1開催(富士スピードウェイ)から撤退 : F1通信
トヨタ:F1日本GPの開催撤退 業績不振で来年以降 - 毎日jp(毎日新聞)
フェラーリ、アロンソの移籍をモンツァで発表か : F1通信


スポンサーサイト
[ 2009/07/03 23:28 ] F1 | TB(0) | CM(0) | ▲TOPに戻る






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。